トップページヘッドお知らせ記念販売日本ライティング株式会社は自動車用LEDヘッドライトを販売しております。
国内生産にこだわり、すべての工程を兵庫県尼崎市の本社自社工場で行っています。
企画から開発、設計、製造、出荷に至る全ての工程を一貫生産。
「信頼の日本製」にふさわしい高品質なものづくりに徹底してこだわった完全国内生産のLEDヘッドライト用コンバージョンキットです。光沢ゼウスハイルーメンシャンプーハイビームフォグランキングレヴューブログボトム

 

 

 

 

公式

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのランキングサイトは公式サイトの情報を元に作成されております。最新情報・新作アイテム・人気ランキング その他商品に関する情報は公式サイトにて全てご確認いただけますので、ぜひ上記サイト画像および画面下部に表示されているボタンをクリックしてお買い物やサービスをお楽しみくださいませ。また、お得なセール情報や限定アイテム、今だけのサービスなど、公式サイトでしか手に入れられない情報もございますので、まずはご覧になられることをおススメしております。このサイトでの出会いがあなた様の何かのきっかけになれば幸いです。本サイト上における表現等は作成当時のものでございますので、最新のものとは異なる場合がこざいます。しかし、本サイトからリンクできます公式サイトにて確認ができますので、どうぞクリック後ご確認ください。YouTube、Facebook等各種SNS、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングなどから情報を集めまして本ランキングサイトに随時追加を行なっていっております。「もっと詳しく知りたい」と思われましたら、ここから公式サイトへのリンクも設置しておりますのでご購入・お申込みの参考にして頂ければと思います。
【お得感・安心感をお求めの方へ】
最もお得感や安心感を感じていただけるのは公式サイトでのご購入・ご登録になるかと思います。最新のSALE情報、会員特別クーポン、定期割引等のお得情報やプライバシーポリシーといったセーフティも充実しています。ぜひこの機に公式サイトでのご購入・ご登録をおススメいたします。

プライバシーポリシー

当サイトでは、ご利用頂くお客様の個人情報を適切に保護するため、個人情報の保護に関する法律、その他の関係法令を遵守すると共に、以下に定めるプライバシーポリシーに従って、個人情報を安全かつ適切に取り扱うことを宣言いたします。

第1条(個人情報)

「個人情報」とは,個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし,生存する個人に関する情報であって,当該情報に含まれる氏名,生年月日,住所,電話番号,連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報及び容貌,指紋,声紋にかかるデータ,及び健康保険証の保険者番号などの当該情報単体から特定の個人を識別できる情報(個人識別情報)を指します。

第2条(個人情報の収集方法)

当社は,ユーザーが利用登録をする際に氏名,生年月日,住所,電話番号,メールアドレス,銀行口座番号,クレジットカード番号,運転免許証番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。また,ユーザーと提携先などとの間でなされたユーザーの個人情報を含む取引記録や決済に関する情報を,当社の提携先(情報提供元,広告主,広告配信先などを含みます。以下,「提携先」といいます。)などから収集することがあります。

第3条(個人情報を収集・利用する目的)

当社が個人情報を収集・利用する目的は,以下のとおりです。
  1. 当社サービスの提供・運営のため
  2. ユーザーからのお問い合わせに回答するため(本人確認を行うことを含む)
  3. ユーザーが利用中のサービスの新機能,更新情報,キャンペーン等及び当社が提供する他のサービスの案内のメールを送付するため
  4. メンテナンス,重要なお知らせなど必要に応じたご連絡のため
  5. 利用規約に違反したユーザーや,不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの特定をし,ご利用をお断りするため
  6. ユーザーにご自身の登録情報の閲覧や変更,削除,ご利用状況の閲覧を行っていただくため
  7. 有料サービスにおいて,ユーザーに利用料金を請求するため
  8. 上記の利用目的に付随する目的

第4条(利用目的の変更)

  1. 当社は,利用目的が変更前と関連性を有すると合理的に認められる場合に限り,個人情報の利用目的を変更するものとします。
  2. 利用目的の変更を行った場合には,変更後の目的について,当社所定の方法により,ユーザーに通知し,または本ウェブサイト上に公表するものとします。

第5条(個人情報の第三者提供)

  1. 当社は,次に掲げる場合を除いて,あらかじめユーザーの同意を得ることなく,第三者に個人情報を提供することはありません。ただし,個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。
    1. 人の生命,身体または財産の保護のために必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
    2. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
    3. 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって,本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
    4. 予め次の事項を告知あるいは公表し,かつ当社が個人情報保護委員会に届出をしたとき
      1. 利用目的に第三者への提供を含むこと
      2. 第三者に提供されるデータの項目
      3. 第三者への提供の手段または方法
      4. 本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること
      5. 本人の求めを受け付ける方法
  2. 前項の定めにかかわらず,次に掲げる場合には,当該情報の提供先は第三者に該当しないものとします。
    1. 当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
    2. 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
    3. 個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって,その旨並びに共同して利用される個人情報の項目,共同して利用する者の範囲,利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について,あらかじめ本人に通知し,または本人が容易に知り得る状態に置いた場合

第6条(個人情報の開示)

  1. 当社は,本人から個人情報の開示を求められたときは,本人に対し,遅滞なくこれを開示します。ただし,開示することにより次のいずれかに該当する場合は,その全部または一部を開示しないこともあり,開示しない決定をした場合には,その旨を遅滞なく通知します。なお,個人情報の開示に際しては,1件あたり1,000円の手数料を申し受けます。
    1. 本人または第三者の生命,身体,財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
    2. 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
    3. その他法令に違反することとなる場合
  2. 前項の定めにかかわらず,履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については,原則として開示いたしません。

第7条(個人情報の訂正および削除)

  1. ユーザーは,当社の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には,当社が定める手続きにより,当社に対して個人情報の訂正,追加または削除(以下,「訂正等」といいます。)を請求することができます。
  2. 当社は,ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の訂正等を行うものとします。
  3. 当社は,前項の規定に基づき訂正等を行った場合,または訂正等を行わない旨の決定をしたときは遅滞なく,これをユーザーに通知します。

第8条(個人情報の利用停止等)

  1. 当社は,本人から,個人情報が,利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由,または不正の手段により取得されたものであるという理由により,その利用の停止または消去(以下,「利用停止等」といいます。)を求められた場合には,遅滞なく必要な調査を行います。
  2. 前項の調査結果に基づき,その請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の利用停止等を行います。
  3. 当社は,前項の規定に基づき利用停止等を行った場合,または利用停止等を行わない旨の決定をしたときは,遅滞なく,これをユーザーに通知します。
  4. 前2項にかかわらず,利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって,ユーザーの権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は,この代替策を講じるものとします。

第9条(プライバシーポリシーの変更)

  1. 本ポリシーの内容は,法令その他本ポリシーに別段の定めのある事項を除いて,ユーザーに通知することなく,変更することができるものとします。
  2. 当社が別途定める場合を除いて,変更後のプライバシーポリシーは,本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘッドライトの光源の種類と違いは?

自動車用ヘッドライトの光源には、ハロゲン、ディスチャージ(HID、キセノン)、LEDの3種類が主流です。それぞれに特徴があり、メーカーは車種によって、この3つを使い分けています。それぞれ、どのような特徴があるのでしょうか?また、現在、LEDの次の技術として、注目されているランプがあります。どんなランプでしょうか?

ハロゲンランプの特徴

ハロゲンランプは、電球内部に不活性ガスとハロゲンガスを封入して、フィラメントに通電した際に発光する光を利用したランプです。

自動車の世界では、1960年代に登場。明るくて寿命が長いことから、注目を集めますが、実際に普及するのは1980年代になってからでした。

その後、現在も自動車用ヘッドランプの主力光源として世界中の自動車で使用されています。通常のハロゲンランプよりも明るいハイパワーハロゲンも人気です。メリットは交換費用が安くて手軽であること。ハイパワーハロゲンでも、電球1個数千円で購入することができます。

また、ユーザーが自分で交換できる手軽さも大きなメリットです。寿命は使用状況によってかなり差がありますが、約300〜500時間と言われています。

ディスチャージランプの特徴

フィラメントの発光に頼らないランプで、発光管とよばれる容器のなかに、一対の電極が配置され、蛍光灯のように電極間で放電するときの発光を利用しています。HID、キセノンランプとも呼ばれます。

明るく消費電力が小さいことが最大のメリットですが、独特のクールな光を求めて、ドレスアップ目的でハロゲンからディスチャージ式に交換するユーザーも多いようです。ちなみに、対向車のライトが異常に眩しいと感じたら、それはおそらくディスチャージランプです。

ディスチャージランプは、点けたり消したりを繰り返すと、寿命が極端に短くなるという特性があり、ユニット型の場合、ランプ交換には3〜5万円以上かかるケースも多いので、消さないようにしているユーザーも多いようです。

LEDランプの特徴

ヘッドライトの光源に世界で初めてLEDを採用したのは、2007年に発表されたレクサスLS600h(ハイブリッド)でした。日本のランプメーカー小糸製作所が開発しました。

当初はハイブリッド車や電気自動車での使用が想定されていたようですが、消費電力が小さいことから、現在では一般的なガソリン車にも装着されるようになっています。

点灯した瞬間に最大光度を得られて、通常の使用状況であれば車を買い替えるまで、ほぼメンテナンスフリーという点がメリットです。

また最新のモデルでは、コンパクトなLEDとコンピュータ制御技術を組み合わせて、前走車や対向車を眩惑する部分だけを落として照射したり、コーナーの向き(ステアリングの切った方向)に角度を変えるランプが採用されるようになっており、ドライバーはハイ/ローの切り替えや、オン/オフを行う必要がなくなっています。

さて、2017年現在、LEDの次の技術として、注目されているランプがあります。どんなランプでしょうか?

次のヘッドランプは?

LEDの次の技術として注目されているのが、レーザーライトです。レーザーライトはレーザーダイオードを光源とするもので、すでに採用を開始しているBMWの発表によれば、大きさは通常のLEDの1/10ながら照射範囲はLEDの約2倍。BMWのハイビームでは、LEDが約300mであるのに対し、最大600mとなっています。

また高効率といわれるLEDよりも30%も優れたエネルギー効率も特徴。BMWでは、i8や7シリーズのハイビームに利用しています。

ハロゲン、HID、LED…それぞれにメリット・デメリットがありますが、自動車のヘッドライトは、明るいほど夜間の視認性もアップします。しかし、同じ車種であっても車格でヘッドランプを変えているモデルもあります。

危険回避や交通事故の減少に大きく貢献するパーツだけに、クルマ購入の際には吟味したいものですね。

ヘッドライトの光源の種類と違いは?

自動車用ヘッドライトの光源には、ハロゲン、ディスチャージ(HID、キセノン)、LEDの3種類が主流です。それぞれに特徴があり、メーカーは車種によって、この3つを使い分けています。それぞれ、どのような特徴があるのでしょうか?また、現在、LEDの次の技術として、注目されているランプがあります。どんなランプでしょうか?

ハロゲンランプの特徴

ハロゲンランプは、電球内部に不活性ガスとハロゲンガスを封入して、フィラメントに通電した際に発光する光を利用したランプです。

自動車の世界では、1960年代に登場。明るくて寿命が長いことから、注目を集めますが、実際に普及するのは1980年代になってからでした。

その後、現在も自動車用ヘッドランプの主力光源として世界中の自動車で使用されています。通常のハロゲンランプよりも明るいハイパワーハロゲンも人気です。メリットは交換費用が安くて手軽であること。ハイパワーハロゲンでも、電球1個数千円で購入することができます。

また、ユーザーが自分で交換できる手軽さも大きなメリットです。寿命は使用状況によってかなり差がありますが、約300〜500時間と言われています。

ディスチャージランプの特徴

フィラメントの発光に頼らないランプで、発光管とよばれる容器のなかに、一対の電極が配置され、蛍光灯のように電極間で放電するときの発光を利用しています。HID、キセノンランプとも呼ばれます。

明るく消費電力が小さいことが最大のメリットですが、独特のクールな光を求めて、ドレスアップ目的でハロゲンからディスチャージ式に交換するユーザーも多いようです。ちなみに、対向車のライトが異常に眩しいと感じたら、それはおそらくディスチャージランプです。

ディスチャージランプは、点けたり消したりを繰り返すと、寿命が極端に短くなるという特性があり、ユニット型の場合、ランプ交換には3〜5万円以上かかるケースも多いので、消さないようにしているユーザーも多いようです。

LEDランプの特徴

ヘッドライトの光源に世界で初めてLEDを採用したのは、2007年に発表されたレクサスLS600h(ハイブリッド)でした。日本のランプメーカー小糸製作所が開発しました。

当初はハイブリッド車や電気自動車での使用が想定されていたようですが、消費電力が小さいことから、現在では一般的なガソリン車にも装着されるようになっています。

点灯した瞬間に最大光度を得られて、通常の使用状況であれば車を買い替えるまで、ほぼメンテナンスフリーという点がメリットです。

また最新のモデルでは、コンパクトなLEDとコンピュータ制御技術を組み合わせて、前走車や対向車を眩惑する部分だけを落として照射したり、コーナーの向き(ステアリングの切った方向)に角度を変えるランプが採用されるようになっており、ドライバーはハイ/ローの切り替えや、オン/オフを行う必要がなくなっています。

さて、2017年現在、LEDの次の技術として、注目されているランプがあります。どんなランプでしょうか?

次のヘッドランプは?

LEDの次の技術として注目されているのが、レーザーライトです。レーザーライトはレーザーダイオードを光源とするもので、すでに採用を開始しているBMWの発表によれば、大きさは通常のLEDの1/10ながら照射範囲はLEDの約2倍。BMWのハイビームでは、LEDが約300mであるのに対し、最大600mとなっています。

また高効率といわれるLEDよりも30%も優れたエネルギー効率も特徴。BMWでは、i8や7シリーズのハイビームに利用しています。

ハロゲン、HID、LED…それぞれにメリット・デメリットがありますが、自動車のヘッドライトは、明るいほど夜間の視認性もアップします。しかし、同じ車種であっても車格でヘッドランプを変えているモデルもあります。

危険回避や交通事故の減少に大きく貢献するパーツだけに、クルマ購入の際には吟味したいものですね。

ヘッドライトの光源の種類と違いは?

自動車用ヘッドライトの光源には、ハロゲン、ディスチャージ(HID、キセノン)、LEDの3種類が主流です。それぞれに特徴があり、メーカーは車種によって、この3つを使い分けています。それぞれ、どのような特徴があるのでしょうか?また、現在、LEDの次の技術として、注目されているランプがあります。どんなランプでしょうか?

ハロゲンランプの特徴

ハロゲンランプは、電球内部に不活性ガスとハロゲンガスを封入して、フィラメントに通電した際に発光する光を利用したランプです。

自動車の世界では、1960年代に登場。明るくて寿命が長いことから、注目を集めますが、実際に普及するのは1980年代になってからでした。

その後、現在も自動車用ヘッドランプの主力光源として世界中の自動車で使用されています。通常のハロゲンランプよりも明るいハイパワーハロゲンも人気です。メリットは交換費用が安くて手軽であること。ハイパワーハロゲンでも、電球1個数千円で購入することができます。

また、ユーザーが自分で交換できる手軽さも大きなメリットです。寿命は使用状況によってかなり差がありますが、約300〜500時間と言われています。

ディスチャージランプの特徴

フィラメントの発光に頼らないランプで、発光管とよばれる容器のなかに、一対の電極が配置され、蛍光灯のように電極間で放電するときの発光を利用しています。HID、キセノンランプとも呼ばれます。

明るく消費電力が小さいことが最大のメリットですが、独特のクールな光を求めて、ドレスアップ目的でハロゲンからディスチャージ式に交換するユーザーも多いようです。ちなみに、対向車のライトが異常に眩しいと感じたら、それはおそらくディスチャージランプです。

ディスチャージランプは、点けたり消したりを繰り返すと、寿命が極端に短くなるという特性があり、ユニット型の場合、ランプ交換には3〜5万円以上かかるケースも多いので、消さないようにしているユーザーも多いようです。

LEDランプの特徴

ヘッドライトの光源に世界で初めてLEDを採用したのは、2007年に発表されたレクサスLS600h(ハイブリッド)でした。日本のランプメーカー小糸製作所が開発しました。

当初はハイブリッド車や電気自動車での使用が想定されていたようですが、消費電力が小さいことから、現在では一般的なガソリン車にも装着されるようになっています。

点灯した瞬間に最大光度を得られて、通常の使用状況であれば車を買い替えるまで、ほぼメンテナンスフリーという点がメリットです。

また最新のモデルでは、コンパクトなLEDとコンピュータ制御技術を組み合わせて、前走車や対向車を眩惑する部分だけを落として照射したり、コーナーの向き(ステアリングの切った方向)に角度を変えるランプが採用されるようになっており、ドライバーはハイ/ローの切り替えや、オン/オフを行う必要がなくなっています。

さて、2017年現在、LEDの次の技術として、注目されているランプがあります。どんなランプでしょうか?

次のヘッドランプは?

LEDの次の技術として注目されているのが、レーザーライトです。レーザーライトはレーザーダイオードを光源とするもので、すでに採用を開始しているBMWの発表によれば、大きさは通常のLEDの1/10ながら照射範囲はLEDの約2倍。BMWのハイビームでは、LEDが約300mであるのに対し、最大600mとなっています。

また高効率といわれるLEDよりも30%も優れたエネルギー効率も特徴。BMWでは、i8や7シリーズのハイビームに利用しています。

ハロゲン、HID、LED…それぞれにメリット・デメリットがありますが、自動車のヘッドライトは、明るいほど夜間の視認性もアップします。しかし、同じ車種であっても車格でヘッドランプを変えているモデルもあります。

危険回避や交通事故の減少に大きく貢献するパーツだけに、クルマ購入の際には吟味したいものですね。

ヘッドライトの光源の種類と違いは?

自動車用ヘッドライトの光源には、ハロゲン、ディスチャージ(HID、キセノン)、LEDの3種類が主流です。それぞれに特徴があり、メーカーは車種によって、この3つを使い分けています。それぞれ、どのような特徴があるのでしょうか?また、現在、LEDの次の技術として、注目されているランプがあります。どんなランプでしょうか?

ハロゲンランプの特徴

ハロゲンランプは、電球内部に不活性ガスとハロゲンガスを封入して、フィラメントに通電した際に発光する光を利用したランプです。

自動車の世界では、1960年代に登場。明るくて寿命が長いことから、注目を集めますが、実際に普及するのは1980年代になってからでした。

その後、現在も自動車用ヘッドランプの主力光源として世界中の自動車で使用されています。通常のハロゲンランプよりも明るいハイパワーハロゲンも人気です。メリットは交換費用が安くて手軽であること。ハイパワーハロゲンでも、電球1個数千円で購入することができます。

また、ユーザーが自分で交換できる手軽さも大きなメリットです。寿命は使用状況によってかなり差がありますが、約300〜500時間と言われています。

ディスチャージランプの特徴

フィラメントの発光に頼らないランプで、発光管とよばれる容器のなかに、一対の電極が配置され、蛍光灯のように電極間で放電するときの発光を利用しています。HID、キセノンランプとも呼ばれます。

明るく消費電力が小さいことが最大のメリットですが、独特のクールな光を求めて、ドレスアップ目的でハロゲンからディスチャージ式に交換するユーザーも多いようです。ちなみに、対向車のライトが異常に眩しいと感じたら、それはおそらくディスチャージランプです。

ディスチャージランプは、点けたり消したりを繰り返すと、寿命が極端に短くなるという特性があり、ユニット型の場合、ランプ交換には3〜5万円以上かかるケースも多いので、消さないようにしているユーザーも多いようです。

LEDランプの特徴

ヘッドライトの光源に世界で初めてLEDを採用したのは、2007年に発表されたレクサスLS600h(ハイブリッド)でした。日本のランプメーカー小糸製作所が開発しました。

当初はハイブリッド車や電気自動車での使用が想定されていたようですが、消費電力が小さいことから、現在では一般的なガソリン車にも装着されるようになっています。

点灯した瞬間に最大光度を得られて、通常の使用状況であれば車を買い替えるまで、ほぼメンテナンスフリーという点がメリットです。

また最新のモデルでは、コンパクトなLEDとコンピュータ制御技術を組み合わせて、前走車や対向車を眩惑する部分だけを落として照射したり、コーナーの向き(ステアリングの切った方向)に角度を変えるランプが採用されるようになっており、ドライバーはハイ/ローの切り替えや、オン/オフを行う必要がなくなっています。

さて、2017年現在、LEDの次の技術として、注目されているランプがあります。どんなランプでしょうか?

次のヘッドランプは?

LEDの次の技術として注目されているのが、レーザーライトです。レーザーライトはレーザーダイオードを光源とするもので、すでに採用を開始しているBMWの発表によれば、大きさは通常のLEDの1/10ながら照射範囲はLEDの約2倍。BMWのハイビームでは、LEDが約300mであるのに対し、最大600mとなっています。

また高効率といわれるLEDよりも30%も優れたエネルギー効率も特徴。BMWでは、i8や7シリーズのハイビームに利用しています。

ハロゲン、HID、LED…それぞれにメリット・デメリットがありますが、自動車のヘッドライトは、明るいほど夜間の視認性もアップします。しかし、同じ車種であっても車格でヘッドランプを変えているモデルもあります。

危険回避や交通事故の減少に大きく貢献するパーツだけに、クルマ購入の際には吟味したいものですね。

ヘッドライトの光源の種類と違いは?

自動車用ヘッドライトの光源には、ハロゲン、ディスチャージ(HID、キセノン)、LEDの3種類が主流です。それぞれに特徴があり、メーカーは車種によって、この3つを使い分けています。それぞれ、どのような特徴があるのでしょうか?また、現在、LEDの次の技術として、注目されているランプがあります。どんなランプでしょうか?

ハロゲンランプの特徴

ハロゲンランプは、電球内部に不活性ガスとハロゲンガスを封入して、フィラメントに通電した際に発光する光を利用したランプです。

自動車の世界では、1960年代に登場。明るくて寿命が長いことから、注目を集めますが、実際に普及するのは1980年代になってからでした。

その後、現在も自動車用ヘッドランプの主力光源として世界中の自動車で使用されています。通常のハロゲンランプよりも明るいハイパワーハロゲンも人気です。メリットは交換費用が安くて手軽であること。ハイパワーハロゲンでも、電球1個数千円で購入することができます。

また、ユーザーが自分で交換できる手軽さも大きなメリットです。寿命は使用状況によってかなり差がありますが、約300〜500時間と言われています。

ディスチャージランプの特徴

フィラメントの発光に頼らないランプで、発光管とよばれる容器のなかに、一対の電極が配置され、蛍光灯のように電極間で放電するときの発光を利用しています。HID、キセノンランプとも呼ばれます。

明るく消費電力が小さいことが最大のメリットですが、独特のクールな光を求めて、ドレスアップ目的でハロゲンからディスチャージ式に交換するユーザーも多いようです。ちなみに、対向車のライトが異常に眩しいと感じたら、それはおそらくディスチャージランプです。

ディスチャージランプは、点けたり消したりを繰り返すと、寿命が極端に短くなるという特性があり、ユニット型の場合、ランプ交換には3〜5万円以上かかるケースも多いので、消さないようにしているユーザーも多いようです。

LEDランプの特徴

ヘッドライトの光源に世界で初めてLEDを採用したのは、2007年に発表されたレクサスLS600h(ハイブリッド)でした。日本のランプメーカー小糸製作所が開発しました。

当初はハイブリッド車や電気自動車での使用が想定されていたようですが、消費電力が小さいことから、現在では一般的なガソリン車にも装着されるようになっています。

点灯した瞬間に最大光度を得られて、通常の使用状況であれば車を買い替えるまで、ほぼメンテナンスフリーという点がメリットです。

また最新のモデルでは、コンパクトなLEDとコンピュータ制御技術を組み合わせて、前走車や対向車を眩惑する部分だけを落として照射したり、コーナーの向き(ステアリングの切った方向)に角度を変えるランプが採用されるようになっており、ドライバーはハイ/ローの切り替えや、オン/オフを行う必要がなくなっています。

さて、2017年現在、LEDの次の技術として、注目されているランプがあります。どんなランプでしょうか?

次のヘッドランプは?

LEDの次の技術として注目されているのが、レーザーライトです。レーザーライトはレーザーダイオードを光源とするもので、すでに採用を開始しているBMWの発表によれば、大きさは通常のLEDの1/10ながら照射範囲はLEDの約2倍。BMWのハイビームでは、LEDが約300mであるのに対し、最大600mとなっています。

また高効率といわれるLEDよりも30%も優れたエネルギー効率も特徴。BMWでは、i8や7シリーズのハイビームに利用しています。

ハロゲン、HID、LED…それぞれにメリット・デメリットがありますが、自動車のヘッドライトは、明るいほど夜間の視認性もアップします。しかし、同じ車種であっても車格でヘッドランプを変えているモデルもあります。

危険回避や交通事故の減少に大きく貢献するパーツだけに、クルマ購入の際には吟味したいものですね。
はじめて